プレス加工・メッキ加工・金属と樹脂の接合に関するお問い合わせは、お気軽にどうぞ!

金属と樹脂の直接接合

  • HOME
  • 金属と樹脂の直接接合

金属と樹脂の直接接合タイトル

金属と樹脂の直接接合によるメリット

コストダウン
軽量化
耐水(気密)
耐薬
表面積増加
量産性
耐久性
強度強化
絶縁

金属と樹脂の直接接合のメカニズム

金属と樹脂の直接接合のメカニズム金属を化学薬品に浸漬して表面に凹凸を作る(粗面化)ことで樹脂が金属の隙間に潜り込み、物理的に金属と樹脂が接合するため、強固な接合が可能になります。(アンカー効果)

その界面に化学的な要素はなく、金属や樹脂が劣化しない限り経時や環境変化によって接合が弱くなることはありません。

金属と樹脂の直接接合の一貫加工

金属と樹脂の直接接合の一貫加工

制作実例

歯車の軽量化

歯車の軽量化

材料の一部を樹脂に置き換えて軽量化

コネクターの防水

コネクターの防水

異種材料の使用でも完全封止

LED部品の耐熱対策

LED部品の耐熱対策

放熱特性を最大限に発揮

ウォータージャケットの軽量化

ウォータージャケットの軽量化

車載部品の軽量化

  

PAGETOP
Copyright © Tottori Asahi Industry Co., Ltd. All Rights Reserved.